パリから南に110キロ、サントル地域に住む日本人のブログ。プリンスファン。


by poplife36
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スペインでパンク

2度目のバルセロナを楽しんだ後、次はスペインのバスク地方を目指して
高速道路を北上。と、意気込んでいた矢先、バルセロナを丁度少し離れたかな
といったところで、タイヤがパンク。

タイヤのパンクは何度か経験したことがあるので、
「スペアに変えればいいや」と軽くトラブルを流そうとしたのですが、
パンクしたタイヤの六角ネジが固くて外れない!!!
そういえばタイヤ交換した時に、ガレージで締めてもらったから、
すっごい固く締めてあるのかも?!

だんだん気分がへこんできたころに、しょうがなくSOSを呼ぶことに。
不幸中の幸いは、パンクしたのが丁度料金所を出たところで、
車を止めるスペースや、後料金所で働く従業員の人たちのオフィスみたいな
建物があって、人が呼べたことです。
な~んにもないところだったらどうなっていたのだろう。。。ぞっとする。。。

フランス語も英語も通じない。
外国に慣れているつもりの私も久々の?ジェスチャーゲーム状態に。
スペインの人は親切で、その事務所だかの責任者の方が、SOSに
電話してくれ、20分ほど待って、修理のお兄ちゃんが来てくれました。
どうもこういうSOSで発生した料金は、車の保険から降りるらしく、
この場で支払わなくてもいいようにと、わざわざフランスサイドに
修理してくれたお兄ちゃん自身が電話してくれたのですが、
先方のフランス人はあまり対応してくれなかったよう。
フランスの悪い面をまた見てしまった。。。

スペイン人の感じのよさに感心しつつ、タイヤは無事スペアに交換され、
なんとか旅を続けられることとなりました。

ただ、スペアで残りの長距離を走るのはどうにも不安なので、
寄る予定もなかった、リェダという町に宿泊。新しくタイヤを買えるガレージを
探すことに。
まあこれも知らない町でタイヤ屋を探すのは大変でした。
人に聞くにも、こうこう、こういう理由でタイヤ屋に行きたいのだ、という意思を
伝えなければならず、スペイン語ができないため、絵で説明したり。。。(汗)

だんだん疲れてきたころにガソリンスタンドの方が私たちの欲する内容を
理解。見つけました!タイヤ屋さん!
別の人はレンタカー屋を教えてくれたりもしました。なんで???

そんなこんなで翌日にはなんとかタイヤを交換。
疲れた。の一言です。ってことで、写真もありません。
救いはタイヤを交換してくれたお兄ちゃんがイケメンだったことでしょうかね。
[PR]
# by poplife36 | 2009-09-18 01:36 | 旅行

カサ・ミラ邸に入れた

こちらもガウディの建築。カサ・ミラ邸。
前回訪れた時は、確か中は観覧できなかったような、もしくはたまたま閉まっていたのか。
今回は中に入ってきました、うれしい!
f0181149_4265947.jpg

f0181149_4575027.jpg

f0181149_4282136.jpg

楽しい楽しい屋上!
f0181149_4294817.jpg

f0181149_459936.jpg
f0181149_4592977.jpg

f0181149_4352768.jpg

なんでこんなものを?楽しい!
f0181149_4355477.jpg

波のような曲線ばかり。
f0181149_4373831.jpg

f0181149_438296.jpg

エントランスはエレガント。
外観だけ見てた時は何も思わなかったけど、内装や家具、こういった鉄を見ると
アールヌーヴォのテイストが入ってるなあと感じました。
[PR]
# by poplife36 | 2009-09-09 04:44 | 旅行
グラシア通りだったかなあ。。。歩いていて足元のタイルが素敵なのが
気になりました。
f0181149_3121475.jpg

カサ・ミラ邸とかバトリョ邸がある通りです。
こういうのたぶん他の町にはないというか、凝ってるなあ、バルセロナは!と
感心して、家に戻ってから調べてみたら、どうもガウディのデザインを元に
作ったタイルのようです。
バルセロナを訪れたら、足元を見てみてね。
[PR]
# by poplife36 | 2009-09-09 03:15 | 旅行
カダケスを後にしたのがもうすでに夕方だったので、目指していたバルセロナは
あきらめ、その日はGirona(ジローナ)という町に泊まりました。
適当に探したホテルでしたが、フランスよりも料金が安く、清潔だし、朝ごはんも
充実していて満足。

さてバルセロナ。また来れるなんて思ってもみませんでした。ここも14年ぶり。
とりあえずはやっぱり、ガウディのサグラダ・ファミリアですね。
f0181149_2532662.jpg

これは北側だったかな?クレーンにょきにょきで、相変わらず建築中です。
石の色が暗いので、この部分は作られてからおそらく結構経っているのだと
思います。ところどころ白っぽくてきれいな部分があるので、そのあたりが
最近作られたものなのでしょうね。
f0181149_2552051.jpg

f0181149_2571053.jpg

サグラダファミリアはどこをどう撮ってもおもしろいです。
今までフランスで多くの教会、大聖堂を見てきましたが、どれともあまりにも
かけ離れていて、その自由な発想には驚かされます。
f0181149_304100.jpg

内部。
図面はいったいどんな感じなんでしょう?
今だとソフト使えば早く描けるのかも。
中は以前訪れた時よりも、天井やその他窓の建築がかなり進んだように
思いました。しかし中も建築資材や足場とかでごっちゃごちゃしてます。
f0181149_312916.jpg

ところでっ!
訪れてびっくりしたのは、入場が有料になっていたことです。
そういうこともあってか、お手洗いやおみやげのショップも充実。
確かに有料にして、それを建築費用に回したり、サービスを充実させるのも
よいことですね。
塔にも登りたかったのですが、やっぱりエレベーター待ちの長蛇の列で、あきらめ。
2度も来ることができたので、3度目を期待して次回の楽しみに置いておこう!
[PR]
# by poplife36 | 2009-09-09 03:08 | 旅行
フィゲラスから東に車で1時間は走ったかなあ・・・海沿いの町カダケスにも
寄ってみました。
カダケスはダリの住まいやアトリエがあったところです。
フィゲラスからすぐ行けるだろうと思っていたら、ひと山越えなければならず、
思ったよりも時間がかかりました。
f0181149_436204.jpg

山からフィゲラス方面の景色。
要は山に隔たれた、なんだか秘密の隠れ家的なところです、カダケスって。
山にはオリーブ(畑?)の木がたくさん。

山を越えるとそこは海岸です。
f0181149_440737.jpg

f0181149_44028100.jpg

肝心のカダケスの白い町の風景は撮らず。
何してたんだろう、私。
でもとっても素敵なところでしたよ。
こんなところにアトリエがあって、絵を描いていただなんて、うらやましすぎますね。
ここではアイスクリーム買ってぺろぺろしながら海をながめただけ。
こんなところで1週間くらいゆったり過ごせたら。
でももうちょっと人の少ないところもしくは時期がいいかな。
[PR]
# by poplife36 | 2009-09-02 04:45 | 旅行