パリから南に110キロ、サントル地域に住む日本人のブログ。プリンスファン。


by poplife36
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

バームクーヘン!

フランスのものではないですが。。。
バームクーヘンをいただきました。

f0181149_116361.jpg

バームクーヘンって、フランスにないんですよね。(たぶん)
ドイツのお菓子なのかな???今のところこういった形のものは
売っているのを見たことがありません。
なのでっっっ!いただいて超感動したわけです。
クラブハリエというお店のものでした。今まで食べたことのないふんわりとした
食感で、周りに塗られたお砂糖がちょっと染み込んでいておいしかったです。

次帰国した時は、バームクーヘン買って食べよっと。
[PR]
by poplife36 | 2008-10-25 01:23 | その他
パリにある国立東洋ギメ美術館で行われている
こんぴらさん-海の聖域展 (Konpira-san, Sanctuaire de la mer) 』を見てきました。
日本にいた時はあまり日本のアートを見ることがなかったのですが、
フランスに住んで、特に最近になって日本の芸術のすばらしさを
痛感しています。なのでこういった日本の芸術文化に出会える展覧会
があったら見に行くようになっています。

今年は『日仏交流記念150周年』といって、日本とフランスが通商条約を結んで
150年目という年です。その記念イベントの一環のようです。

f0181149_054731.jpg


香川県にある金刀比羅宮内部の重要文化財である襖などが展示されています。
畳をセットし、現状に近い部屋のように展示されているので、襖絵のすばらしさは
もちろん、空間的な美もちゃんと発見できるようになってました。
フランスの地で見る日本のこういった芸術品は、ものすごく『かっこいい』と
感じます。その他ギメ美術館所蔵の浮世絵(歌川広重等)も見ましたが、
絵の構図やバランスが完璧なものがあって、すごいなあと感嘆してしまいます。
海外生活が長いと、多少ナショナリストの気が出てくることもあってだとは
思いますが、日本の文化レベルは高いわ~と思う今日このごろ。

いつか香川県のこんぴらさんを訪れてみたくなりました。

下はギメ美術館外観。
f0181149_192324.jpg

[PR]
by poplife36 | 2008-10-25 01:12 | パリ

パリ7区で

先日訪れたユネスコはパリ7区にあります。
7区は一度ちょっとだけ住んだことがあってなつかしいところ。
f0181149_052029.jpg

屋根裏部屋にあこがれて、一度部屋を借りたことがあるのですが、
屋根裏は夏は死ぬほど暑く、冬は凍るほど寒いということがわかり
(ヒーターも効かなかったのです。。。)今はもう住みたくない、というのが
正直な感想です。(屋根裏によると思いますが)
この辺りはどこを歩いても、エッフェル塔のてっぺんが見れて
楽しいところです。

f0181149_062038.jpg

ユネスコ本部。
こんな機関で働ける人には憧れてしまいます。

f0181149_034576.jpg

陸軍士官学校。保護者のようにバックにエッフェル塔が見えました。

f0181149_04935.jpg

アンヴァリッドも近かったりします。
ここはナポレオンが眠っているところです。
[PR]
by poplife36 | 2008-10-19 00:20 | パリ
f0181149_2475535.jpg
吉田さんの展覧会のオープニングまでは時間があったので、
せっかくだからと、グラン・パレ美術館で開催されている
Picasso et les maîtres (ピカソと巨匠たち)』展を
見に行ってきました。
久々に感動。ものすごいよかったです。
ピカソは結構いろんなところで見たからなあなんて思って
たのですが、今回改めてすごい人だなあと感心してしまい
ました。

この展覧会のテーマが興味深いのですが、ピカソが先の
巨匠たちの絵画(グレコやゴヤ、ベラスケス、ドラクロワ、
アングル等々)を元に、彼の独自の美の世界を開拓している様が発見できます。
下はベラスケスの絵の場合。
f0181149_371965.jpg
f0181149_373822.jpg

それまでの常識をやぶって、新しい美を探究しつづける姿勢というか生き様
には度肝を抜かれました。
特に晩年の絵は、ピカソが描いた絵画を見る、というよりも
絵画自体が彼自身で、彼と対面している感を受けました。
人間自体がアートとして昇華していたのでしょうかね。

ピカソの絵は、見るというよりも感じる、あまり理屈はいらないです。
私は気がついたら、ずーっと口が開いてました(アホ面で会場内をウロウロです。)

もうちょっと生きてたらどんな絵を描いたんでしょうね。
11歳で画家を志したって書いてあったなあ。は、早い。。。

ピカソの絵だけではなく、ちゃんと比較ができるように、巨匠たちの絵が
並べられているのも、この展覧会の醍醐味です。
世界各国から集められてます。
上質。ほんとに美しいです。

1時間半並びましたが、並んだ疲れはどこかに行ってしまいました。
入場料の12ユーロも、グランパレって高いのよね~と入場券売り場で思ったの
ですが、とっても安いです。

同じ時期にオルセー美術館とルーヴル美術館でも同じようなテーマでピカソ展が
開催されています。ピカソ祭りですね。
フランスに住めてよかった、と思う瞬間です。
[PR]
by poplife36 | 2008-10-15 02:56 | パリ
f0181149_2253117.jpg秋は見本市や展覧会が目白押し。

そんな折、吉田堅冶さんという方の展覧会のオープニング
パーティの招待状が届き、早速見に行ってきました。
場所はUNESCO本部内のギャラリー。
UNESCOはパリの7区、エッフェル塔や陸軍士官学校の
そばにあります。

吉田さんの展覧会を見るのは今回2度目。
前回もブロワ城内の一角というすばらしい会場でした。

展覧会名は、『Vie et Paix(いのちと平和)』
吉田堅冶さんは1924年大坂生まれで、第二次世界大戦で出兵された
経験をお持ちの方です。1964年に渡仏、以来パリでアーティストとして
活躍されています。
そういった戦争での友の死や一般市民の死を経験し、生死とは何かを
考え、人にとって一番大切なものとは、『いのちと平和』であるとし、
『いのち』は『平和』あってこそ最高に働き輝く。
『平和』こそ最高の美である。
とおっしゃっています。

作品は油絵に金箔や銀箔などを施してあり、西洋絵画のようでもあり
日本画のようでもあります。
キャンバスいっぱいに描かれた丸みをおびたもの、とても大胆で力強いのですが、
その曲線は見ていて安心感がわいてきます。

まさにユネスコという機関にぴったりなテーマの展覧会でした。
見に来ている方々も、人種いろいろ。英語、スペイン語等々いろんな言語が
飛び交っていました。

『Vie et Paix』
2008年10月13~31日(土日休)
9:00~17:30
Maison de l'UNESCO
Hall Segur
7, place de fontenoy, Paris 7e
[PR]
by poplife36 | 2008-10-15 02:28 | パリ
最近よく食べている野菜。ベトラーヴルージュ(Betterave rouge)。
英語だとビーツかな。赤いかぶです。
f0181149_2354975.jpg

このすごい色は天然のもの。スーパーやマルシェでもう火にとおしてやわらかく
なったものが売っているので、買ってきて刻むだけです。
エシャロットとパセリ、ワインビネガー、オイル、あと塩コショウで味付けするだけ。
簡単です。
f0181149_23551595.jpg

昔アメリカでも食べた記憶があるけど、その時はそんなにおいしいものだとは
思いませんでした。フランスでは結構定番なサラダ。カブがちょっと甘いので
ドレッシングとあわせるとおいしいんです。
[PR]
by poplife36 | 2008-10-11 23:57 | 野菜-légume

蔦の色がきれい

秋になると目に楽しいのが蔦の葉の紅葉です。
f0181149_23374574.jpg

蔦があると虫が寄ってくるからいやだ、というフランス人もいたので、
あまり住みたいとは思いませんが、やっぱり雰囲気が出て秋は特に
目を奪われてしまいます。
f0181149_23402961.jpg

5分ほど歩いたところにある家。蔦の葉がちょっとピンク色というかサーモンピンクに
なります。毎年毎年みごとです。
f0181149_23424654.jpg


今週はヨーロッパの株式市場も急落したようで、毎日のようにニュースで
証券取引所での大変そうな様子が流れていました。
ユーロ(対円)もものすごい下がってびっくりです。
もうずっと160円台が普通になるのか、と思っていたら、今週は130円台
で、ほんといつ何が起こるかわからないなあと思いました。
フランスもちょこちょこ物価が上がっています。
Fioulといって暖房用の燃料(重油かなあ?)なんて、3~4年前に比べると
なんと2倍近くまで値段が上がりました(最近ちょっと下がりましたが。)
フランスの人たちも結構打撃受けていると思います。冬は寒いですからね。
[PR]
by poplife36 | 2008-10-11 23:50 | 季節

青いトマトのジャム

畑のトマトは寒くなるともう青いまま赤くなりません。
なんだかもったいない。。。

f0181149_1843291.jpg

以前ここよりもうちょっと寒いところに住んでいる知り合いのフランス人が
「青いトマトはジャムにするとおいしいのよ。」てゆってたっけ。
そこのおうちも結構畑をやっているのですが、気候が寒いため、トマトを
植えてもグリーンのままで終わってしまうことが多いらしいのです。

で、思い切ってやってみました。グリーントマトジャム!
f0181149_18454721.jpg

f0181149_18461729.jpg

思い切って、というのは、やっぱりあまりおいしそうなイメージがわかなかったからです。
ネットでフランスのレシピを検索、意外とたくさんヒットするので、結構ポピュラー
なのか?(市販されているのは見たことないですが)
レシピによりますが、私はトマト1キロにお砂糖500グラムくらいにしました。
ざく切りにしてお砂糖をまぶし、一晩置いた方がよいみたいです。すると
翌日水分がなみなみと出てくるので、それを火にかけます。
あとレモンも1個分絞っていれました。

おいしくなさそう。。という先入観はどこへやら。
なかなかの美味です。っていうか後味がさっぱりしているような気がする。
野菜だから?
オススメです。
[PR]
by poplife36 | 2008-10-04 18:51 | 野菜-légume

ワンコと湖へ

晴れた日はたまにワンコと湖へ繰り出します。
f0181149_18233638.jpg

ここの湖は一部に砂を引いて、夏は人々が泳げるように「ビーチ」なっています。
海に行けなくてもここで日焼けしたり、子供たちがよくバシャバシャ遊んでいます。
波がないのがちょっと残念かな。
この日は多少肌寒かったですが、子供が数人泳いでました。
後は日光浴をする男性ちらほら。

f0181149_18292792.jpg

f0181149_18305822.jpg

ワンコはなかなか強気。
その辺に落ちている棒を投げると、バシャバシャ足が届く範囲までですが、
水の中に入っていきます。
でもそこからはどうすればよいのかわからないのか、犬掻きまではしてくれません。
遠くでは、ラブラドール犬がざぶざぶ泳いでいるのに。
もうちょっとがんばらないとね、日系フランス犬!

f0181149_1834734.jpg
f0181149_18343526.jpg
f0181149_1835132.jpg

鳥たちも日向ぼっこでしょうか。
蔦の葉がだんだん赤くなってきました。

ワンコはその後お腹をくだしてしまいました。
ちょっと冷えさせてしまったのかもしれません。すまん、ワンコ!
[PR]
by poplife36 | 2008-10-04 18:36 | 風景